一組のカップルが、これから先の人生を共に過ごし、家庭の中で家族を作っていこうというその最初の一歩が、結婚式です。
その儀式の中で、二人は「永遠」という言葉のもとで強い結びつきを誓い合います。
結婚式は、その誓いがなされるための「お膳立て」であると言えるでしょう。

結婚式については、今では和洋混交で、さまざまなスタイルのものが、それぞれのカップルに選ばれています。
その中でも今回は、和装を身につけて、神様の前に立って行う神前式というスタイルを取り上げます。
神前式というのはいわゆる和婚のひとつで、キリスト教圏の人が教会で結婚式を挙げるように、イスラム教圏の人たちがモスクで結婚式を挙げるように、神社でその儀式を行うというものです。
「神様の前で」というのが共通していますが、日本ではその場所が神社なのです。

和装は、和婚、特に神様の前で行う神前式には欠かせないものです。詳しく言えば、新郎は黒の紋付袴を着け、新婦は白無垢や打ち掛けを着けて臨みます。
ここでは、神前式という和婚の儀式の在り方、成り立ちというものを取り上げます。また、和婚には欠かせないものである和装についても書いていくことになります。
どんな装いの和装で、どんなふうにその場に臨むのかということが、分かります。

イチ押しリンク

感動的な神前式を挙げたいなら「神前式ナビin東京」